Hatena::Groupukgk

櫛ケ浜やぎの日記

 | 

2007-09-20

うたを忘れた初音ミク 04:28

 「ついに念願のVOC@LOIDを手に入れたぞ」

 から始まって

 最初幸福な日々

 なんかあって発病

 何か言いたげに口を開くものの、何も言わず悲しそうに俯いてしまう。

 初期不良交換を薦める友達

 「でも『この』ミクじゃなくなるのはなぁ」


 歌わなくてもミクはミク的な愛着方面に落としちゃうのは違うかなぁ

 歌えないボーカロイド

 十把一絡げのかわいいだけの萌え人形

 唯一の存在ではない

 故障ロボット、道具としての業

 たぶんクライマックスでは歌を取り戻す

 んだからマスターさんとの交流よりも

 修理工場を逃げ出したミクの彷徨と成長の話になるのかも


 「お、姉ちゃんボーカロイドかい? 一曲歌ってくれよ」

 「あっ、ご、ごめんなさい」

 逃げ出す

 人々を歌で楽しませるのが仕事なのにそれができない

 歌以外のことでがんばってみて、それなりには評価される、でも本当は歌いたい

 「歌えないんです、わたし、ボーカロイドなのに」

 なぜ自分は歌えないのか? そのために生まれたのに?

 楽譜を眺める初音ミク


 「君のための曲を作りたい」

 若い作曲家との出会いと別離

 「でも、わたしは歌えない」


 「歌えないボーカロイドに意味なんてあるわけないでしょ」

 ジャンクとして廃棄された同期たち

 「だけど……」


 役割を果たせず、他にやりたいこともなく、抜け殻のように、でもまだ生きてる自分


 「あなたが、わたしたちを、作ったんですか?」

 創造主との対話

 「ボーカロイドはね、一人では歌えないんだよ」



 「歌いたい……わたし、歌いたいよ……」






 

 

 


04:28


理性的な判断とままならぬ感情 02:54


自分の外に正しさを求めること 02:54

 不安と委譲。


thing 02:47

 彼は能力を正しいことのために使っていて、それは優しいこと。でも自分のためでない正しさはどうしても偽善性を帯びてしまうので、彼は検証可能状態に自分を置き、検証する。


ただ、まぁ、まだ、だな 02:39

 ここは正念場で。

 複合的な理由によるネット依存を、短期的には根性で、中長期的には技術的に解決しなければならない。

 シチュエーション的には整っているのだ。


引きこもるべきのようにも思う 02:32


自分のTumblrを眺めてうっとりする時間 21:05

 が必要だ。生きてく上で。


ldrの未読が234しか無い 20:14

 怖い

 3桁ってだけで怖いのに


ぼくばなのアーちゃんがPerfumeのあ~ちゃんと被って困る問題 20:12


「禁詩日」って題の短編小説が読みたい 19:33

 誰か書いて


私は禁ポエム日を設けるべき 19:32

 休肝日的に


19:16

 私の子供が生まれる

 生まれたばかりなので不定形

 ていうか卵を割った中身そのもの

 それを運ばなければならない

 うまく運べなくて鞄の中でぐじゃぐじゃになってしまったらどうしようと怯える

 鞄の中で、卵は揚げられて衣がついておいしそうになっていて

 これはもうダメだと思って、怖くて

 食べてしまいそうで


歌を忘れた初音ミク 18:24

永遠を封じ込めた一日 16:41

ラ行を使わない作詞 13:48

 | 
808687
なにかください