Hatena::Groupukgk

櫛ケ浜やぎの日記

2017-09-05

01:55

 素直に夢を語るには若干老けすぎてしまっただろうか。夢を考える余裕がなかったのかもしれない。とにかく仕事が嫌で早期隠居をしたくて仕方なかった時代は長く続いた。そして情緒的に落ち着いてしまった。

 色々と無駄にした悔恨がないではない。自主的にも環境的にも私という素材をもっと少し活かす現在はあったのだろうと思う。まあ未来以外に可能性はない。情緒の損切りは幾らか上手になった。金融商品で痛い目は見てみるものだ。

 昔よりつまらんことしか言ってる気はするんよな。自己評価が下がったわけでもない。むしろカバー範囲が増えて比較的安定している。守勢に入ったのはある。では今こそ改めて匿名アカウントを取得し、自由なインターネットを謳歌すべきだろうか。

 アウトプットへの過剰評価はあったかもしれない。自信がない部分があったからこその思い入れ。今見ると大したことはないものを振りかざしていたのかもしれない。どんなものであるにせよ、ゼロよりは価値がある。ゼロは評価のしようがない。

 昔、父親が、日曜日、一日中家のことをしまくったあと、夕食の場で「はあ、今日は何もしなかった」と言っていたのは、自己評価が高すぎるのかと思っていたが、今は少し違うのかもと思う。振り返っても何も見当たらないのだろう。

2016-11-18

03:51

 ちょうど10年前、2006年の11月に引っ越しをしたらしい。あの辺りからようやく人生始まったよなーみたいな意識がずっとあった。子供時代や学生時代も濃密だったとは思うんですが、あのへんで大きく方向が変わったのは間違いない。十年一昔っていうし振り返るだけの価値はあるんじゃないですかね。直近の5年とその前の5年は割と違うらへんも含め多分そろそろ大きく考えるべきことがある。財政的なところも環境的なところも何か整ってきた感じはあり、不連続な変化は必要なのではないか。おっさんよ。変化。生活、家庭、仕事、住居、趣味、コミュニケーションの性質。付き合う人々。手持ちのリソースの性質、価値、交換性。スキル。性能。継続性。体。食。世界認識。歴史。社会。変化。立ち位置、興味。対人コミュニケーションにフォーカスした10年だったよ。そうね。そして子供じみた部分はだいぶ減った。うまく脱げてない部分もあるが、得手不得手の自己認識は本当に大きく変わった。インターネット、サービス、ハードウェア。取り崩して生きていくにはまだちょっと早すぎる。終わらせることはいつでもできる。楽しめそうなものは見えかけている。依存症は対象を変えて続いているが、アプリ単位だと秒で消せて便利だ。同じことをしようとしてもできない。新しいやり方を見出す必要がある。繰り返さない。繰り返せない。

2015-06-04

01:09

 引っ越しました。from 湘南 to 東京下町。家賃が2万円上がったけど割と家は気に入ってます。ここ3回の引っ越しはひたすら日当たり重視だったんだけど、今回はまさかの北向き。その代わり明かり取り窓は豊富。いまどきな物件です。やや縦長で室内に階段があります。夏場は良いんだけど、冬が寒そうで怖い。職場まで歩くと1時間くらい。だいたい片道は歩いてます。意外とどうということもない。まあ足に負担はくるのですが...往復歩いたらやせるかなー。以前、新橋〜銀座間を20分くらい歩いてて、ちょっと遅い時間だとクラブのお見送りシーンだらけだったりして面白かったんですが、今回はそういう賑やかさとは無縁です。行き交う人のまばらな東京ベイエリア、経路が親水公園と重なっていたり、風光明媚な橋だったりと、まあ素敵な行程です。初夏の気候が最高すぎて川べりのテラスでぼんやりしてたら、修学旅行らしきバカ男子高校生が川下りしながら手を振ってきたので全力で振り返しました。

817529
なにかください